薄毛体質

育毛酒なら薄毛体質遺伝もこわくない

ハゲ原因をやっつける育毛酒パワー

読了までの目安時間:約 6分

 

私自身、長年、髪の毛を生やす努力をしてきました。

 

その結果、育毛は忍耐強さが必要とわかりましたね。

 

男性は、特に、男性ホルモンとの共存を目指さねばなりません。

 

抜け毛の原因となる男性ホルモンとは、テストステロンです。

 

男性の場合、主に睾丸から分泌されるもので、20歳代の男性に多く、歳とともに減っていきます。

 

 

テストステロンが多すぎると脱毛が起こります。

 

髪の毛を生成する毛包組織がテストステロンに過敏すぎる場合は、男性ホルモンが多すぎなくても脱毛が起こりるのです。

 

 

抜け毛対策のためには、詳述は避けますが、テストステロンを中心としたさまざまな原因物質を抑えることが重要です。

 

これを抑制するためにはフィナステリドや、ノコギリヤシ、バナナ皮エキスなどの成分が有効とされているのです。

 

今は、いろいろな薬に配合されています。

 

抜け毛対策には、第一に、抜け毛の原因を知らなくては話が進みませんね。

 

そして夜更かしなどの不規則な生活をやめることです。

 

 

髪の毛の成長は夜間に行われて、昼間は成長しません。

 

 

これは、昼間は血液が、脳・血液が流れることにより、毛の成長が行われることによるのです。

 

 

抜け毛対策には夜更かしなどの不規則な生活が大敵であることは、もうご存知でしょう。

 

 

髪の毛の成長がおこなわれる夜にしっかりと休息を摂らないことによって、

 

 

皮膚に充分に血液が行き渡らないことが考えられます。

 

 

抜け毛対策には、なるべく夜更かしをせず、規則正しい生活を心がること。

 

十分かつ規則正しい睡眠が脱毛を防ぐこととなります。

 

 

病気抜け毛対策を考えるには、まずは抜け毛の原因を探し出す必要があります。

 

実は抜け毛には個人差があります。

 

 

悩んでいる人も大勢いると思いますが、抜け毛になるのにもそれなりの原因があるのです。

 

 

抜け毛対策には、まずはその抜け毛の原因を解明し、解消すること。

 

 

次に上げられるのは、喫煙です。

 

 

タバコに含まれているニコチンは、悪玉コレステロールを増やし、血管を詰まりやすくします。

 

 

喫煙時には、ごく微量の一酸化炭素をごく微量ですが吸い込みます。

 

 

これは、血液中のヘモグロビンと非常にくっつきやすく、離れにくい性質を持っていて、毛細血管の壁にわずかな傷をつけてしまうのですね。

 

 

毛細血管の壁を傷つけることが繰り返されると、毛細血管が硬くなり、十分な血流ができなくなる可能性も指摘されており、

 

 

 

最近の調査から、喫煙がアンドロステンジオン、テストステロンやジヒドロテストステロンなど主要な男性ホルモンを増大させるのです。

 

 

発毛にとって、適当量のアルコールはストレスを解消するのによいですし、頭皮の血流をよくするのにも効果的です。

 

 

しかし一定量を超えると血液循環が悪くなるので、頭皮の血行不良を起こし、抜け毛の原因になることがあります。

 

 

私は育毛に効く酒を飲んでいます。

 

 

くこ、みつひ、ヤマイモ、などを焼酎につけるのです。

 

 

これは育毛に効きますよ!!

 

ただし、普通の酒は育毛にはマイナス。

 

抜け毛対策には、アルコールと一緒に食べる『おつまみ』も良くありません。

 

『おつまみ』は油分が多いものが揃っているので、アルコール同様についつい摂りすぎてしまうと、

 

 

栄養のバランスが崩れますので、抜け毛対策には危険です。

 

 

育毛剤で、一般的なのは医薬部外品です。今現在次々と新しい商品が発売されています。

 

これが最高というのは、わかりませんが、あくまでも補助的に利用しましょう。

 

 

抜け毛対策としての育毛剤でのメリットは、誰でもでも利用できる手軽さと、

 

 

メントールなどの成分を配合することで、爽快感が得られることを謳っていますね。

 

 

育毛剤は最低でも3ヶ月は使ってみることです。

 

育毛酒    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
クレジットカードヒストリー