薄毛体質

育毛酒なら薄毛体質遺伝もこわくない

育毛成分を酒にして取り入れよう

読了までの目安時間:約 4分

 

あなたの薄毛やハゲが、体質によるものであれば、育毛生活はこれからもずっと続きます。

 

サイトを見ているあなたは、一時的なものではなく、先祖から受け継いだ抜け毛体質の持ち主ではないでしょうか。

 

それならば、育毛剤1本でハゲを治そうという安易な考えは、残念ながら通用しないのです。

 

長い長い、死ぬまで、育毛の努力は続きます。

 

あるいは「もう、自分の頭は薄毛でいい。男性にモテなくていい」というあきらめ?、覚悟?を決めるまで、薄毛との対決、あるいは共生をしていくことになります。

 

残念なだけではありません。

 

実は、薄毛、抜け毛による恩恵もあるのです。

 

私は、もうそれがわかっています。

 

ハゲないよう気をつけることで、生活習慣も、体質も、非常に良好になる面もあるのです。

 

あなたも、多少「健康オタク」気味かもしれませんね。

 

さて、結論をいいますと、遺伝的な抜け毛を防ぐには、漢方の力で薄毛体質を改善しなければなりません。

 

「髪の毛は血(けつ)の余りである」ということです。

 

血を良好に循環させられれば、髪の毛がグングン生えます。

 

遺伝性のハゲには、漢方療法で、体質を改善しないと育毛効果はでません。

 

体質を変えるには食べ物が一番効果があります。

 

3ヶ月続ければ、髪の毛が生えてくるのは、育毛漢方の特徴です。

 

髪の毛を生やすものを列記しましょう。

 

黒ゴマ

くるみ

なつめ

黒大豆

ドクダミ

ほうれんそう

など

 

育毛漢方法では、それらの食材を、酒にするか、スープにするか、煎じて飲むかするのです。

たとえば、ドクダミワイン。

 

実行できるものから実行します。育毛食を摂取し、あとは首、肩、のコリをとる。

 

コリがあると血液が頭皮に行き届かないのです。

 

 

血がとどかないと、細い、弱弱しい髪の毛に衰えるのです。

 

コリは私は、熱いシャワーを首、肩に10分あてます。

 

また、クイックマッサージ15分1500円も利用しています。

 

気持ちいいです。

 

黒ゴマはそのまま食べます。

 

以前、女優の宮沢りえさんが、テレビで、ゴマを常に食べていたのが印象的です。

 

女性のかただと、美肌も期待できます。

 

当然髪の毛が生えるのにも大きな働きをします。

 

食べないと、育毛効果は体験できません。

 

育毛酒    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
クレジットカードヒストリー